HOME > 
採用情報 > 
スタッフインタビュー

採用情報

スタッフインタビュー

西田 健太  Caihome細田 介護職員
ここしかない!と感じたんです。

・転職先を決める際、Caihomeを選んだ理由は。

もともと3年程介護現場で働いていたのですが、“もっとアグレッシブに、自分のやりたい介護をやれないだろうか”と思ったことがきっかけで、転職を決意しました。そのとき介護と保育の融合という新しいスタイルのCaihomeを見つけ、ここしかないと感じました。介護と保育を別々にやっているところはあっても、融合というのは珍しく、素直に面白い!と思ったことが大きかったです。今は保育事業が準備期間ではありますが、高齢者と子どもが交わった空間に立ち会えるのが、とても楽しみでワクワクしています!

・Caihomeでの働き甲斐を感じる瞬間。

私は外出レクをしているときに一番感じます。Caihomeでは定期的に外出レクで博物館や神社仏閣、公園などに行きます。もちろんスタッフの人数確保や、安全面での配慮は十分に必要となりますが、ご利用者様の楽しそうな顔を見ていると、もっと色々な場所にみんなで行きたいと心から思います。それをただ思うだけでなく実現できているのって実はすごいことなんだなと思うと、とてもやりがいや充実感を感じます。

・入社前と入社後での会社への印象の違いは。

印象の違いは、良い意味でありませんでした。面接に来た段階から、ご利用者様の大きな笑い声が聞こえてきて、楽しそうな事業所だなという印象を持ちました。それは、入社後も変わりません。元気でお喋りが好きなご利用者様たちのおかげで、いつも事業所は明るい雰囲気です。

三瓶 有希奈  Caihome堀切 管理者
介護に入るきっかけを、発信していきたい。

・働くうえで心掛けていることとは。

自分が利用者だったら、という気持ちはいつも持って働くようにしています。もし私が事業所に通っているなら、目的や役割を見つけたり、職員も含めて一緒に楽しみたいと考えると思うんですね。なので、“従来の介護の枠”に捉われず、“Caihomeならでは”と感じてもらえるもので、さらに職員である私たちが“一緒に楽しめるものを”と思い、最初に実現できたのは、みんなで上野動物園に外出レク。行きたいという思いをずっとアピールし続けていたら、とうとう叶いました!Caihomeはまだまだ若い会社なので、やりたいことを提案できる環境と、実現できるサポートがあるからこそ叶ったんだと思います。ご利用者様もとても楽しんでくれていて、提案し続けて良かったと心から思いました。

・仕事をしていて楽しいと感じる瞬間。

ご利用者様が事業所に通い始めてから段々慣れてきて、名前を覚えてくれたり、ちょっと冗談を言って笑顔で話してくれたりしているところを見ると、とても嬉しく思います。その喜びって、介護の現場だからこそ感じられる貴重な経験だなとも思うんですよね。 私は「介護をしている側」「されている側」という括りに囚われず、時には冗談を言い合えるようなフレンドリーさを持ちつつ、人生の大先輩として尊敬の気持ちを忘れずに接することで、ご利用者様との距離が縮まるように心掛けています。そうすることで、ご利用者様が心を開いてくれて、色々な話を聞かせていただけるようになると、「職員として」ではなく、「私」と言う人間が一人のご利用者様と、“人と人としての関係性”を構築できたと感じられます。Caihomeを通さなければ関われなかった人と出会え、こういった関係性が築けたと思うと、仕事に対してより一層やりがいや楽しさを感じます。

・これからの目標は。

目標やチャレンジしたいことは沢山あります!でもまずは、今ある介護に対するマイナスなイメージを払拭していき、華やかで人気のある憧れの職業として介護があげられるようにしていきたいです。それは、例えば職員の服装一つとってもそうです。忙しさのあまり見た目に気を回す時間も無くなり、動きやすさ重視になってしまったり…。しかしCaihomeでは「アットホームな、家にいるような感覚」をコンセプトとしているので、決まったユニフォームはなく「自分らしさ」を生かした自由な服装で働くことができます。ご利用者様からも「あなたおしゃれね、それどこで買ったの?」といった話題が出ることもあります。そういったところから、Caihomeは個性が輝ける場所だと発信し続け、介護のイメージをどんどん変えていきたいと思います。そしていずれは介護に限らず、女性が「その人らしく、楽しんで働ける会社、チャレンジできる会社」にするために、会社に貢献していきたいと思います。「Caihomeがあったから、こんな職業に出会えた」と思えるような魅力あるきっかけを、どんどんつくっていきたいです。

北畑 真吾  Caihome細田 管理者
その人らしい介護をやってもらいたい。

・転職先を決める際、Caihomeを選んだ理由は。

もともとはIT関係の仕事をしていたのですが、自分で経営をやりたいという思いがずっとあって、そんなときに偶然Caihomeと出会ったんです。事業所を0からつくる、というだけでなく、会社を土台からつくれるというところにとても惹かれました。今は管理者という立場でいますが、今後は若い人に引き継ぎ、私は経営に力を注いで、さらなるステップアップを図りたいと考えています。

・Caihomeならではの働きやすさや特徴とは。

先月から、「いいね!」プロジェクトというものを始めました。このプロジェクトは、自分たちの理想の職場をつくるために、みんなで意見を出し合うというものです。これから少しずつ会社への想いを全員で考え、実現へと動いていくので、新しい仲間にも一緒に考えていってもらえたらと思っています。 自分の意見で社則をも変えられる可能性があるということは、言い換えれば“働きやすさを自分たちで生み出すことができる”ということ。そういう点はCaihomeならではだと思います。

・Caihomeで働くスタッフについて

それぞれ個性がバラバラで、バラバラだからこそ一人一人の役割が違うので個性が際立っていて、チーム全体の団結力は抜群だと思います。Caihomeではマニュアルに依存しない、その人らしい介護をやってもらいたいと考えているので、スタッフには自分の意見をできるだけ持ってもらい、それを発信できる環境を整えています。 当たり前のことかもしれませんが、“その人らしい介護”ができる職場であることで、スタッフ一人一人がのびのび働けていると感じます。